PPS(特定規模電気事業者)に詳しい方、、、

2013/06/11 9:08 に 行動する大家さんの会事務局 が投稿
PPS

<大家さん&大家さんでない皆さんにお願い!> ← 本気モードです!

どなたか、PPS(特定規模電気事業者)に詳しい方、あるいは、詳しい情報を得られるヒト・場をご存知の方、ご紹介をお願いします。

PPS: http://www-pps.hpmap.net/

<お願いの背景>

PPSについては、↑のURLをご覧ください。既に50Kw以上の“大口需要者”には、電力の自由化は始まっております。反面、ウキィペデイアにはPPSの表記がないほど、一般には馴染みが薄い制度です。

3.11以後時代の流れとして、発電・送電を分離するという動きがあります。また、PPSの一般家庭向け解禁という動きもあります。

PPS(一般家庭向け):http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65806169.html

↑は昨年の動きを伝えるものですが、この1年、私個人は新たな動きを感じません。もしかしたら、自民に潰されているのかと思い、“PPS代理店”に本日TELしたところ、“秋以降に検討課題に乗せる”とのことです。個人的には“何をチンタラやってんの”と思いますが、その代理店によると、“PPS一般家庭解禁の動きは止められない!”とのことでした。

<どんなメリットがある?>

・一般家庭の電力料金が安くなります。
・ ○○電力のような、社会的に存在が許されない会社との縁が切れます(←極端な言い方です。)

一般家庭とは、賃貸の入居者様も含まれますので、もし大家さんがPPS一般家庭解禁後契約を結べば、少なくとも現状より電力料金は安く出来ます。つまり、入居者様のメリットになるのです。

<私の妄想>
PPSを活用するにはPPS事業者と契約する必要があります。契約ごとですから、電気料金(単価)は交渉事で決まります。一般論として、4人家族一戸の契約と、50戸200人の入居者様のいる大家との契約(電気料金)が同じと言うことはありません。

この大家さんが例えば10人集まれば、500戸、2000人分の交渉をすることが可能となります。PPS事業者としても、一般家庭一戸一戸と交渉するより、はるかに効率がよくなります。

つまり、PPSが一般家庭に解禁になる前に、大家さんが繋がる必要がある、と私は思っております。

AOAおよび大家ネットでは、“大家さんが繋がる必要性”を強く訴えております。しかし、現状のそれは“情報共有”にとどまっております。大家業は事業ですから、実利と伴う繋がりも当然考えなければなりません。このPPSを核とした繋がりは、その可能性を含んでおります。

是非、PPSに詳しい方、詳しい情報を得られる場をご存知の方、まずは落合までご連絡ください。

連絡先が分からない方は、とりあえず staff@o83nokai.org までメールをください。

よろしくお願いいたします。
Comments