勉強会グループ発表公開 その8

2012/08/13 5:15 に 行動する大家さんの会事務局 が投稿

5月26日に行われた、行動する大家さんの会勉強会。


この勉強会では、9つのグループに分かれ議論を

2度行い、その後グループごとに発表して頂きました。

その、各グループの発表とご提出頂いたまとめを、

毎週1グループづつ公開しています。

今回はその第8弾です。



発表の前に、かんたんに勉強会の内容をお伝えします。


1:まず、グループごとに「最悪な物件の条件」を

  話し合ってもらいました。

2:その後、ミニセミナーをヒントに、

  話し合った最悪な物件を、別な視点(水平思考)から

  もう一度見直し「ひっくり返す」議論を

  もう一度して頂きました。

3:最後に最悪な条件の中でも、

  上手くひっくり返せた条件を発表して貰いました

  (時間の関係です。

   本当は全て発表して頂きたかったのですが・・・)



「ひっくり返す」とは例えば、


・実は別の価値あるのではないか?

・少し何かをすれば改善できるのではないか?

・何かを差し引けば、価値が創造できるのではないか?


等々、いつもとは違う視点から考えてみる練習をしてみました。



さて、では今回は「Hグループ」の発表とまとめを公開します。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●最悪の条件

安心して、ゆっくり住むことができない物件

→汚い、うるさい(線路際)、セキュリティーが悪い。


特に、一番クレームが多いと思われる

騒音問題にフォーカスしました。


●水平思考での解決


Hグループは、一般的にはデメリットと言われるところを、

ある特定の人に向けて、メリットに変えるという発想をして頂きました。


ミュージシャン専門マンション


騒音問題の解決策として、ハードの部分で改善は

なかなか難しい。


そこで、騒音の気にならない、もしくは、お互い様と思ってくれる人を

ターゲットにすることで、その人たちにとってよい環境で提供できる。


ターゲットを絞ることで、

・入居者同士のコミュニケーションも生まれる。

・オーディオセットやホームシアターなどを付けて付加価値を付けられる。

・入居条件で楽器可能と記載することで、クレームも少なくなる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



Hグループもとてもよい発想をしてくれました。

環境が悪いという条件は、家賃を下げて解決するという方向に

いきがちですが、ターゲットを絞ることで、環境が悪いということを

逆に、環境が良いというアピールができることになります。


最近よく言われることですが、

100人中99人に嫌われても、1人に好かれる部屋作りをすることで

上手くいくということですね。


是非いろいろとチャレンジしてもらいたいものです。


では、次週は「Ⅰグループ」の発表です。

Comments